変化の時代に勝てる・イノベーション組織体制を確立したい経営者の方へ

このようなお困りはないですか?

  • 会社をより成長させるために、何から手をつけたらいいのかわからない。
  • 成長するために必要なマネジメント層が育たず、組織体制もできていない。
  • 将来への効果的な打ち手がみえず、成長の勢いが止まっている。
  • 日々の業務に追われ、将来のための体制を整える時間がとれない。
  • 自律的な人財が育つ、生産性の高い組織をつくるのに苦心している。
  • 社長としての将来の成長ビジョン・戦略が明確になっていない。
  • 効果的な人財育成・評価制度をつくることができていない。
  • イノベーションを起こすことに苦労している。
  • イノベーションの組織体制ができていない。
  • 守りに入り、新たな事業の展開にわくわくチャレンジできていない。

 

このサービスは、変化に対応できる・ドラッカー経営を取り入れ
イノベーション組織を確立し、成長組織へと進化できるコンサルティングです。

 

御社は、次の事が可能になります。

  • 新規事業・販路開拓のアイデアが溢れるほどわいてくる
  • 営業生産性が圧倒的に高まり、売上が上がる
  • 強みを活かす人事評価・組織体制ができる
  • 変化に対応できる経営戦略ができる
  • 戦略的なトップマネジメントチームを育成できる
  • 社長の力強い変革ビジョンを提示できる。
  • 社員の生産性向上を実現できる。
  • 新製品開発、新規取引先の開拓ができる
  • イノベーションを起こすチームができる
  • 社員がぐんぐん伸びる人事評価制度ができる
  • 社員が自律的に成長する人材育成制度ができる
  • 社員のモチベーションが倍増する
  • 新規事業の立ち上げ方が分かる
  • 戦略的な管理職の育て方が分かる
  • 顧客が感動する最高のサービス・組織体制ができる

変化の時代こそ、生きる「変革の哲学・ドラッカー」

混乱が起こる今こそ、経営者は自らが変化の先頭に立ち変化を牽引するチェンジリーダーになることが必要です。
変化をマネジメントする・最高峰の原則がドラッカーの経営です。
変化の時代こそ、経営者はドラッカーを学ぶ必要があります。
ドラッカーを組織に導入することで、変化に対応し変化を乗り越える組織力が身に付きます。

ドラッカーの言霊を紹介しましょう。


■変化の時代を切り拓く ドラッカーの言霊
変化が大きければ、それだけ機会も大きい。
変化はコントロールすることはできない、
できるのは変化の先頭に立つことだけである。
変化に対応するには、変化を脅威ではなく、
機会と見ることである。
変化をマネジメントする唯一の方法は、
自らが変化の先頭に立ち
変化の担い手となることである。

 

 

 

変革の哲学・ドラッカーを御社に導入した姿を想像してみて下さい。

ドラッカーを理解し、変化に対応できるようになった経営チームが、有効な戦略を再定義し、
変化を最大の機会とし、新たな時代の事業を力強く牽引していく事を。
社長の未来への変革ビジョンで自信を得た社員が、一丸となって環境変化に挑戦し、乗り切っていく姿を。

数年後、コロナ騒ぎが終わった後に、あの出来事は振返ってみると自社にとって最大の躍進のチャンスだったと
従業員さんと手を取り合って、勝利に乾杯している姿を。

どのような変化もものともせずに適応し、成長を続ける経営チームと事業を手に入れ、
自信と誇りに満ちているご自身の姿を・・・
ドラッカーでそのような組織の変革が可能になります。

 

変化に対応するドラッカーのエッセンスとは?

ドラッカーの魂の伝道師、村瀬弘介のドラッカー解説。
「変化を最大の機会とせよ。」
変化に対する講師の講義動画をご参照下さい。
この変化対応のドラッカー哲学があなたの組織に導入されます。


 

歴代の経営者がイノベーションを起こした、ドラッカーの経営学

ドラッカーは「変化に対応し、イノベーションを起こし、組織を成長させる・経営の原則」です。
日本を代表する経営者たち(松下幸之助・本田宗一郎、伊藤雅俊、三木谷浩史・孫正義・柳井正等)は、
「ドラッカーの変格の原則」を用いて、イノベーションを起こし、事業を大成長させました。

Apple・Facebook・P&G・GEなどの世界的企業もドラッカーを導入して、変化を機会として成長しました。

企業の規模を問わず、あらゆる業界使える、変化に対応できる「経営変革の原則」がドラッカーです。

このサービスは次のようなお客様に向いています。

  • 経営にイノベーションを起こし、経営を成長させたい経営者の方。
  • 変化に対応できる組織に進化させ、より事業を成長させたい経営者の方。
  • 組織体制を整え、イノベーションの起きる風土に進化させたい経営者の方。

ただし、このような方には不向きですので、ご遠慮ください。

  • 変化することには抵抗があり、このままのやり方を続けたい。
  • 変化に適応できずに衰退し、なすすべがなくても、環境のせいだから仕方がないと思っている。
  • うちの組織の限界はここまでだと諦め気分で経営をしている。

 

 

変化に対応し、イノベーション体制を確立したい経営者は今こそ、ドラッカー経営を導入するべきです

ドラッカーは言います。 「変化が大きければ、機会も大きい。」

コロナの影響で、事業環境に変化がでるこの時期こそ、ドラッカーを学び、戦略を再構築する。

変化に対応できる強力な経営チームをつくる必要があります。
ドラッカーは変化対応し、組織を伸ばすため最高の経営の原則です。

 

【注意】独学でドラッカーを実践するのはとても困難です。

本を30冊も読破する必要があります。
忙しい経営の現場の中で、学者になるわけでもないのに、
ドラッカーの理解にそこまで労力を費やすのは論外ですよね。

そこで村瀬が開発した理論が、ドラッカーの必要な
変革のエッセンスが全てつまった7つの超実践的な経営原則です。
ドラッカーに忠実に、経営の現場で実践できるまでブレイクダウンした理論です。

莫大なドラッカーの書籍を全て読まなくても、事業の変革に必要なエッセンスを全て網羅しているのです。

 

当社の変革コンサルティングのキモ
ドラッカーを実践し、変革を起こす7つの原則コンサルティングとは?

7つの原則による事業変革コンサルティングの流れは?

経営改革は次の3つのステップで行います。

【STEP1】
社長・幹部が「ドラッカーの7つの原則」を理解し、経営戦略・組織体制を構築する。

【STEP2】
「ドラッカーの7つの原則」で、意思決定できる経営イノベーションチームを構築する。

【STEP3】
管理職・主任まで、「ドラッカーの7つの原則」で意思決定できる全社組織体制をつくる。

先ずは、セミナーで体験するか、スポットコンサルティング・経営相談をお試しください

 

 

大変化を機会として、事業の行くべき方向性が見つかる・ドラッカーの7つの原則理論

まるでドラッカーからのバーチャルコンサルを受けているように
事業の行くべき変革の方向性が明らかになる

講師(ドラッカーの経営変革・7つの原則開発者)

ドラッカーの経営変革を「熱量」で伝導する・ドラッカーの‘いたこ’
人間の本質が活かされる経営理論からイノベーション人財・イノベーション組織をつくるコンサルタント

村瀬弘介【日本リーダーシップ・オブ・マネジメント株式会社 代表取締役】

【経歴】一橋大学法学部卒業。㈱クボタで事業部賞を受賞、その後人事・教育を担当。その後広告ベンチャーでマーケティングに関わる。日本経営理念研究所で経営哲学・理念のセミナー企画を行う。小宮コンサルタンツ・ドラッカー専門コンサルタントを経て現職。ドラッカーに心酔し、一部上場企業・公的機関・法人会等でのドラッカー経営の講演や経営理念・戦略コンサルティングを中心に行う。ドラッカーを魂から伝える講演は、ドラッカーが本質的に理解できた。実践のヒントを掴めたと評価が高い。

著書:ドラッカーが教えてくれる 人を活かす経営7つの原則(産業能率大学出版部)

【経営品質協議会 経営品質賞アセスメント セルフアセッサー資格保持者】

【日本ドラッカー経営研究会 代表】

日本総合研究所会長・野田一夫氏が塾長を務める平成立志塾のドラッカー講義を担当する代表・村瀬

野田氏は日本に初めてドラッカーを紹介した方でありドラッカーの日本の友人

日本経営品質協議会 経営品質賞アセスメント資格 セルフアセッサー資格

 

日本のトップコンサルタント50が紹介される専門コンサルタント名鑑に掲載されました。

経営変革コンサルティングの特徴は

経営戦略の再構築 経営チームの育成 をドラッカーの7つの原則に即して行う事です。

変革を起こすために「ドラッカーを雇う」イメージです。

経営者にドラッカー理論で、変革への戦略を徹底的に考え抜いてもらいます。

変革コンサルを受ける価値は、7つの原則をインストールし
ドラッカーからの「正しい質問を受け」考え抜くことにあります。

7つの原則をインストールし、「ドラッカーの正しい質問」をベースに、経営チームが戦略を再構築する、そして変革を着実に実践してくことが、変化に対応する方法なのです。

「7つの原則」経営変革コンサルティングより
経営の変革と高業績を実現したお客様の声

■ドラッカー経営で3期連続最高業績を更新
45億⇒60億(32%売上アップ)

蒲田工業株式会社 代表取締役 蒲田善明様

今期経営計画書にも取り込みました!

村瀬さんの講義は、簡単とは言えないドラッカーの理論を私にもわかりやすく説明してくださいます。
そのおかげで、我社の強みを皆とじっくり見つめなおすことが出来ました。
今期の経営計画書にも、お客様のお困り事からスタートする(マーケティング)と、新しい満足を生み出す(イノベーション)と、ドラッカー理論を我社風にアレンジした二つの基本方針を打ち出せました。
会社の強みとともに個人個人の強みにもスポットを当て、【長所の言い合いっこ】を社内でも行い、社風もより一層明るいものになっています。村瀬さんのおかげで、今2018年9月期も最高の業績を更新できる見込みです。3期連続の最高業績を更新中(45億⇒60億)(32%の売上向上)です。 (蒲田工業様HPはこちら

■ドラッカー経営で国内首位メーカーを継続中
アジアナンバーワンを目指す!

株式会社トヨックス 代表取締役 中西誠様

イノベーションの炎が燃え上がること間違いなしの、日本一のドラッカー伝道師です。

村瀬さんは、経営者の心に経営の原理原則を徹底的に叩き込みイノベーションの炎が燃え上がること間違い無しのドラッカー伝道師です。「我々の事業の目的はそもそも何であったか?」「真のお客様第一とはどういうことか?」「その為に組織はどうあるべきか?」「その組織を率いる為にリーダーに必要なものは何か?」その言葉のひとつひとつが、経営の核心と経営者としての心に強く強く響きました。我々の経営の原点を全社員で共有することを強く感じるセミナーです。起業家精神のある自律、創発、協働の真のリーダーを育成する組織であることの重要性を強く感じ、是非幹部全員に聞いてもらいたいと思います。
(工業用ホースシェア日本一であり、アジアナンバーワンを目指す トヨックス様HPはこちら

■ドラッカーを経営に導入・最高業績を達成!

有限会社 石上ファーム 代表取締役 石上守様

完全に経営リーダーとして心に火を焚きつけられました。事業を経営することについての使命が脳だけでなく、身体全体にいき渡りました。

「マネジメントは人の尊厳のことである」「企業は徹底的に人の強みを生かし、誇りある一員として輝かせる」という解説で、完全に経営者リーダーとして心に火を焚きつけられました。ドラッカーがなぜ20世紀最大の知恵者といわれるほどの研究に生涯を捧げたのか、その歴史的背景も学べたので、事業の使命が脳だけではなく、身体全体に力強く行き渡った感じがします。ドラッカー理論を実践することで、事業の成果に結びつくこと、本質的な視点で見れば、ドラッカーは個人と企業の成長に貢献する最強のものであることを確信するに至る内容でした。
また、講義で配られるドラッカーのワークシートや、個別フィードバックを通じて、実践的な学習をすることができました。【2017年最高業績を達成】 (石上ファーム様HPはこちら

■2009年以降連続して増収増益を達成中

ビックケミー・ジャパン株式会社 代表取締役社長   福田 勝様

ドラッカーを導入し働き方改革を実施中・生産性を上げるポイントが分かりました。

経営の中で、どうしたら社員さんの生産性を上げることができるかについて悩みがありました。そんな時に村瀬さんから非常に明確で有効なドラッカーの視点のご指導を頂きました。社員一人一人の求める成果を再定義して、業務を分類し、優先・劣後順位を決め、無駄な業務を廃棄する。それによって生まれた時間を、本来成果を出すために重要だが手を付けられていなかった業務の時間に回す。ドラッカーの視点での働き方改革を続けることで、成果を出すために仕事をするという文化を定着させたいと考えています。
弊社は2009年以降連続して増収増益を達成しています。そこに、ドラッカー流の経営改革を定着させることでさらに成果をだせる会社にしていけると信じています。
(世界有数の添加剤・測定機器の分野のサプライヤーであるビックケミー・ジャパン㈱様のHPはこちら

あなたの前には2つの道があります。どちらに進みますか?

世の中には2つの会社があります。

  • 変化に対応できる会社
    7つの原則に沿った事業変革のもとに、変化に対応できる戦略を構築
    人材を育成し、変化を機会にし、勝ち組へとして躍進する会社
  • 変化に対応できず潰れる会社
    この大変化に対応できず、人も育たず、衰退し、負け組として、消滅していく会社

もしあなたが経営者として、、、

  • 変化に対応する経営戦略を再構築したい
  • 変化に対応できる経営チームを育てたい
  • 社員一丸となって変化を機会として生き生き挑戦したい

歴代の経営者たちが学んだドラッカーの変革の原則を学んで、
変化を機会とし、挑戦し、勝利する経営を実現しませんか?

大変化の時代です、皆様が悩んでおられます。
まずは社長一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください。

ドラッカーの経営変革の哲学で御社の経営イノベーションの方向性をアドバイスします。
大変化を乗り切るアクションプランが見えてくる経営コンサルティングです。
まずはセミナーかスポットコンサルティングをお試しください。
事業の進むべき方向性が明確に見えてくることを保証いたします。

【初回限定】スポット・ドラッカー理論によるイノベーションコンサルティングのご案内【特別価格】

ドラッカー・コンサルティング・セミナーの紹介動画



会場

都内
御社開催を希望される方は、その旨をお伝えください。(交通費は別途必要となります)

【通信:ZOOM(動画通信)コースを設置します:ご自宅でコンサルティング受講が可能です。】
コロナウイルス対策のためにZOOMを用いたコンサルティングを設置いたします。
コンサルティングは、動画通信システム(ZOOM)で、お受け頂く事も可能です。

料金

約120分 5万円(税別・交通費別途)(対面・ZOOMという動画会議システムを用いて行います。)

内容

・経営イノベーションの重要ポイント
・経営計画の有効性と変化に向けての方向性の検証
・イノベーションに向けての経営課題の明確化
・コンサルティング導入にむけてのアクションプラン
・書籍やセミナー出席後のご質問事項の解決

※事前にご準備いただく書類をご連絡させていただきます。

日時はスケジュールを調整させていただきます。
フォームに希望等を記入いただければ、短期間に調整が可能です。

※7つの原則・事業変革コンサルティングをお申込みの際には、相談料金は全額編入いたします。

お電話・メール・またはフォームにてご相談下さい

【日本リーダーシップ・オブ・マネジメント株式会社
〒110-0016 東京都台東区台東1-9-4 松浦ビル5F

【電話】03-3833-3620 (平日の9時~17時)
【FAX】03-3832-2757
【mail】 info@japanleadership.net

 

  • 1日で分かる!ドラッカー・感動マネジメント講座
  • 1日で分かる!ドラッカー・感動マネジメント講座
  • 感動からわかるドラッカー人を活かす経営7つの原則講座