ドラッカーマネジメントの真意・マネジメントの本質とは?

マネジメントとは、人を活かし、組織が社会に貢献し、より良い世の中を創るための道具である。

マネジメントとは現代社会の信念の具現化である。

マネジメントとは「人(の尊厳)」のことである。(ドラッカー・意訳)


マネジメントをその本質から理解するとき、マネジメントは、「より良き明日に挑戦する」すべてのリーダーにとっての本当の「志」の書となります。 

ドラッカーマネジメントの本質は、起業家を現代の民主主義を守る真のリーダーへと進化させる事にある。

経済や思想が人間の尊厳より優先した近代社会は、多くの人命の損失という悲惨な結果を世の中にもたらしました。

その結果行きついた人間が幸せになるための真の学問、真の経営こそ、人間中心の経営。

経営は人のためではり、お客様、働く人、すべてが幸せになるための道具にすぎない。

組織の中でいかに人の強みを活かしぬくか、人の持つパワーをリーダーのミッションのもとに最大化させるかというマネジメントの哲学でした。

経営の全てを、人間のあり方、人間として正しいかどうか、働く人が活かされ、社会への最大の貢献ができるかという点から捉えなおしてみてください。

ドラッカーが人間中心の経営の原理原則であり、リーダーの実践によって

人間が本当に幸せになる世のなかを実現することができるのです。

ドラッカーセミナー動画 マネジメントは人のことである

ポイント

マネジメント(経営)は人(の尊厳)の事である。

経営の全てを人間の幸せから考え抜くことが、リーダーの使命である。

書籍『ドラッカーが教えてくれる 人を活かす経営7つの原則』

リーダーシップとは権力ではない。働く人を活かし、成果を上げる「責任」である。経営の中心は『人間の尊厳』にあるべきだと亡きドラッカーは訴えた。現代リーダーのための現場で実践できる『人間中心の経営』『立志の指南書』

書籍購入はこちらをクリック・アマゾンページに移動します

ドラッカー研修・コンサルティングの紹介動画

コンサルティング・セミナー情報はコーポレートサイトから

ドラッカーの伝道師・経営コンサルタント・村瀬弘介によるコンサルティング・
ドラッカーの研修・ドラッカーのセミナー情報は会社HPをご覧ください。

ドラッカー理論による経営幹部研修・役員研修・管理職研修・マネジメント研修・マーケティング研修・イノベーション研修・リーダーシップ研修・生産性向上研修・経営戦略策定・経営コーチング・後継者育成等。

ドラッカーを活かせる豊富な研修プログラム・セミナーがあります。