【特別公開:今売れています・ドラッカーが教えてくれる 人を活かす経営7つの原則】

ドラッカーを読んだら涙が止まらない。狂ったのか? 私

ドラッカーを通じて経営における「人間の尊厳」の重要性を全国に訴えたい。ドラッカーは、あなたのビジネスの本質にエンジンを入れ、リーダーとしての使命に目覚めさせてくれる。つまり「立命」させてくれるのだ。

ドラッカーの理論は、経営知識のみならず、人間学のことを教えてくれる。

私の人生はドラッカーを通じ変わった。一介のビジネスマンにすぎなかった人間がコンサルタントとして講演をし、多くの人に熱狂的な拍手をいただき、「感動しました」という多数のアンケートや色紙までいただき、講演中に「魂から感動した」と涙されることが幾度もあった。

私はドラッカーのおかげで立命し、軸のある経営リーダーとして、今、この瞬間を生きている。これは奇跡だと思っている。だから語らなくてはならないのだ。これは単なるビジネスではなく、天命であり、使命である。

私は確信している。多くのドラッカー研究者・コンサルタントがいるが、私は分かってしまったのだ、ドラッカーの本当に言いたいこと、ドラッカーの本質が……。

論理でなく感動で、商売のみでなく人生で、経営の技術(枝葉)のみではなく原則(本質)から、ドラッカーの経営を起動させる時が来たのだ。

とにかくドラッカーについて語らなければならない。すべてのリーダーにドラッカーを伝えなければならないと、強く感じている。

ドラッカー・20世紀最大の知恵者・マネジメントの父と呼ばれた男

ドラッカーの本質は、経営の中心に、なによりもまず、人間の尊厳(人・個の幸せ)を据えるということだ。人間が幸せになることを至上の目的とすることである。

ドラッカーを理解するために、まずドラッカー自身の身になって考えてもらいたい。

それが私のやりかただ。

ドラッカーは1900代年初頭に生まれ、裕福なオーストリア官僚の家で育った。彼の父は貿易省のエリート高官で定期的に知的なサロンを開き、フロイトやシュンペーターとも交流があったという。幼いドラッカー少年は知的刺激の中で存分に才能を発芽させたのだろう。

しかし、ドラッカーの幸せは長くは続かない。第一次世界大戦では祖国オーストリア・ハンガリー帝国は解体され、自己のルーツを失い、その後渡ったヨーロッパではナチスによるホロコーストを目の当たりにする。

ここで大切なことが1つある、ドラッカーはユダヤ系だったということだ。

考えてもらいたい。ユダヤ系のドラッカーにとってこのホロコーストの衝撃はいかなるものだっただろうか?

例えば、民族の痛みとして、日本の広島、長崎の原爆と同じようなものではなかっただろうか?

日本への原爆投下では約30万人が犠牲になったといわれるが、その10倍の300万人もの犠牲をだしたホロコーストはドラッカーに大きなトラウマを残したと、私は考えるのである。

ドラッカーはいつも考えていた。どうすれば人間は幸せに生きられるのだろう? 何をすれば世界が、社会が平和に向けて拓(ひら)かれるのだろうか?

その答えを探したドラッカーは、人間を脅かす戦争、そして戦争を起こす専制君主制と戦うことを決意する。武力でなく、マネジメントという思想で……。

戦争の原因は何か、それは現代の社会を見れば明らかだ。

なぜヨーロッパでは戦争が起きず、中東やアフリカで戦争がおきているのか?

なぜ中国、日本、韓国も関係が良いとはいえないにもかかわらず、戦争にはならないのか?

戦争の直接の原因は何か? ドラッカーは徹底的に考えたと思うのだ。

それは経済の失敗だ! 経済がうまくいけば、戦争は起きない。ホロコーストも起きない。自分の仲間がもう300万人も死ぬことはないのだ。

では経済がうまくいくにはどうすればいいか? 経済の最小構成単位の企業がうまくいけばいいのだ。人が組織を活性化させ、働く人々が活きる世界になれば、もうホロコーストは起きない。

もう仲間は死なない。そう思ったことだろう。

ドラッカーは経営に高い成果を上げるマネジメント思想を打ち立てることを決意し、執筆した。

彼のマネジメント思想のエッセンスをたった1つ取り上げるとすれば、それは「組織は働く人(個)を活かしなさい」ということだ。

ドラッカーもその著書の中で「マネジメントとは人にかかわること」とはっきりと指摘している。

(参考:P・F・ドラッカー『経営の哲学』編訳:上田惇生 ダイヤモンド社)

これは、私の魂にはこう響く。「マネジメント(経営)とは人の尊厳(生きる意義・本当の幸せ)を実現することである」と。ホロコーストを見た、ユダヤ系のドラッカーが一番大切にしたものは、人の尊厳(人間の尊い命・生きる意義)であったはずだ。

ドラッカーは単なるコンサルタントではない、人を心から活かそうとした真のリーダーなのだ。経済・経営の中で、「人間の尊厳」をいかに実現していくかを考え抜いた勇者なのだ。だからこそ、彼は20世紀最大の賢人なのだ。

その証拠にドラッカーは以下のように訴えている。

「経営は、人間の尊厳を実現するための道具にすぎない、組織の目的は、人間を単なる経済の歯車にすることではなく、
人間のエネルギーを開放し、自己実現をさせることだ。経営のすべてを人間の尊厳(幸せ)を中心に考えよ!」

(参考:『P・F・ドラッカー︱理想企業を求めて』エリザベス・H・イーダスハイム ダイヤモンド社)

私はこれを読んだ時、ドラッカーの真意を悟ったのだ。

「人を幸せにせよ! それこそがビジネスの真実である」と、彼の魂の声が聞こえてきて、熱い涙が自分の頬を伝うのを感じた。

人間が幸せになる経営、そして人が活かされる組織社会、高い業績を上げる真摯な企(起)業家によって守られる自由で平和な民主主義社会、それこそがドラッカーのマネジメントの真髄である。

もしドラッカーがピアノを弾けたら、ジョンレノンのようにイマジンを作曲していたと私は考える。マネジメントはドラッカーにとってのイマジンなのだ!

これを伝えなければいけない。ドラッカーの魂を現代社会に伝えなければ。ドラッカーの息吹を、言霊を世界に伝えなければならない。

世界が孤立化に向かいつつあるこの時代に、このマネジメント思想で世界に調和をもたらさなくては、また大きな戦争が起こる。現代こそドラッカーに学ばなくてはならない。

ドラッカーの魂を伝えなくてはならない。そう悟ったのだ。

それが私のドラッカーとの出会いであり、ドラッカーにインスピレーションを受けた「人を活かす経営・7つの原則」によるコンサルティングのスタートだった。

私は、マネジメント専門(マーケティング・イノベーション・リーダーシップ)のコンサルタントであり、また音楽家である。

また、日本精神(神道・仏教・儒教)・スピリットの感性世界を愛する人間である。人間は、論理だけでは幸せにはなれない。

目に見える世界に、心で感じる世界(アート・感性・精神的な世界)を統合し、魂から目覚めて本当に幸せになれると私は考える。

本書ではドラッカーに学び、私の独自の経験(アート・感性世界の着想)から生まれた、「人を活かす経営・7つの原則」を通じて、経営リーダーのみなさんに、自己と企業の使命に目覚めてもらうこと、「立命」を目的としている。

人が幸せになる、すなわち人間中心の経営とは、組織が働く人の「尊厳」を守り、仕事を通じてメンバーの魂を目覚めさせ、成長に導き、社会の中で最高の自己実現をさせることだ。

結果として組織は高い成果を上げ、幸せで自由な民主主義社会を実現する。

本書は、マネジメントの真の意味を理解することから始め、マーケティング・イノベーションを理解し、現代の自由社会の真のリーダーとしての経営者のリーダーシップを確立(立命)してもらうことを目指す。

自分の会社のマネジメントスイッチを入れて起動する。その瞬間、昨日までの組織と全く違った組織、未来が目の前に出現する。それがマネジメントである!

リーダーの魂に火をつけ、組織に火を入れる。それがマネジメントなのである。

では経営とは何か? それは人間が幸せになるすべてである。人の尊厳を実現するものである。経営で成果を上げるとは何か? それは人間が幸せになることである。

ドラッカーの究極の目的は世界平和である。

人が活かされ、企業が高い成果を上げることで、戦争を防ぎ、自由で平和な民主主義社会を守ることができる。

本書の7つの原則を活かすことで、平和な世界を守る真のリーダーになって頂くことを心から願ってやまない。

※本書の7つの原則は、すべて私が長年にわたるコンサルティングの現場で実践し、成果を実証してきたものであり、研究室・机上の空論・学術論ではなく、経営実践論(実学)です。

ドラッカーが実践できる書籍『ドラッカーが教えてくれる 人を活かす経営7つの原則』は次のバナーをクリックしてご購入頂けます。

(20冊以上の大量の冊数は弊社に直接お問合せ下さい。)

ドラッカー理論で経営・マネジメント・リーダーシップ・イノベーション・生産性向上が実現できるセミナーの開催情報は

ドラッカーの伝道師と呼ばれる村瀬弘介の情熱のセミナーです。
まずはセミナーのプレ動画をご覧ください。

バナーをクリックすると各講座の詳細ページに移動します。

【感動から分かるドラッカー人を活かす経営7つの原則講座】

GE・グーグル・アップル・P&Gといった世界的企業やセブンイレブン・ソニー・パナソニック等の国内首位企業が取り入れ成果を上げたドラッカー経営の本質を「感動」の視点から分かり易く解説します。

感動から学べば、ドラッカーはちっとも難しくない。音楽家としても活動する著者独自の視点で語る「感動からのドラッカー」。組織で働く人が生き生きして、高い成果が上がるマネジメントの本質が掴め、実践できる講座です。

【1日で分かる!ドラッカー・感動マネジメント講座】

ドラッカーのマネジメントが1日で、感動から理解できる日本一情熱的なセミナー。
マーケティング・イノベーション・リーダーシップ・マネジメントという経営の原理原則と実践法を1日で学ぶことができます。

【ドラッカーの経営戦略・完全マスタリーコース】

ドラッカーの経営戦略5大書籍をマスターし、実践する連続セミナー。
書籍(マネジメント・イノベーションと企業家精神・経営者に贈る5つの質問・創造する経営者・経営者の条件)の徹底理解と組織での実践法がわかります。

【ドラッカー理論による 経営計画策定セミナー】

【対象者:経営者・経営幹部・上級管理職】
最高業績を出せるドラッカー理論に基づき、社長のビジョンの明確化、自社の戦略の策定、経営計画への落とし込みができる2日間の集中セミナー。
弊社代表コンサルタント・村瀬弘介と社長様が一日をかけ、共に戦略を考えることで、ビジョンを具体化して「明日から使える経営計画書」を作成します。

【ドラッカー理論による新入社員セミナー】

【対象者:新入社員】
通常の新人研修では得られないビジネスの本質と挑戦するリーダーシップを得て即戦力の新人を手に入れる/本質のドラッカー理論による新入社員1日セミナー。ビジネスの本質と成果を上げる方法をマスターできる講座です。

【ドラッカー研修・ドラッカーコンサルティング】

ドラッカーの原理原則を組織に導入し、強力な組織の共通思考モデルを創りあげる日本で唯一のドラッカー研修です。
社長の判断軸、経営トップマネジメントチームの育成、マネージャーのリーダーシップ向上など社長へのコンサルティングと研修を組み合わせ、卓越した業界首位企業を実現します。

【ドラッカーセミナー・研修の豊富なプログラムについてはお問合せ下さい】

日本リーダーシップ・オブ・マネジメント㈱には、ドラッカー理論による経営幹部研修・役員研修・管理職研修・マネジメント研修・マーケティング研修・イノベーション研修・リーダーシップ研修・生産性向上研修・経営戦略策定・経営コーチング・後継者育成等、ドラッカーを活かせる豊富な研修プログラム・セミナーがあります。

フォーム・お電話からお気軽にお問合せ下さい。(ドラッカー導入のご相談は無料です。)

【ドラッカーで最高業績を生む経営情報が週に一回届くドラッカーメールマガジン】

【ドラッカーメールマガジン:登録は下記リンクより】
メールアドレスを入れるだけで手続きは簡単です。