今回のドラッカー・マネジメント・経営・セミナーでは、ドラッカー経営の全体構造を解説しています。

事業の目的は顧客の創造である。

ドラッカーは言います。「事業の目的は、顧客の創造である。」

顧客の創造とは、自社のファンを作り出していくことです。

それはたった2つの経営の機能、マーケティングとイノベーションを用いて行います。

マーケティングとは簡単に言うと顧客を知り抜くこと。

イノベーションとは、マーケティングについてわかったことに新商品・新サービスを作ること。

マーケティングとイノベーションにより、顧客を新たに創造することが事業の目的だと、ドラッカーは定義します。

また、マーケティングとイノベーションという経営の機能を回していくこと、この機能自体をマネジメントという言葉で定義するのです。

マネジメントにはもう一つ意味があります。

働く人を活かし、働く人のエネルギーを解放し、素晴らしい組織・社会を作り出す。ということです。

マーケティングとイノベーションで顧客を創造するのgはマネジメントですが、このマネジメントを牽引するものがリーダーシップです。

そして、このマネジメントにおいて、組織は生産性を高めていく事が重要になります。

今回は特に、ドラッカーのマーケティングについて解説します。

マーケティングこそ経営の最重要機能である。

ドラッカーはマーケティングは経営の最重要機能であると言います。

マーケティングとは、平易に言うと、「顧客を理解すること」です。

マーケティンという言葉自体は多くの企業様で使われているんですけど、その定義については曖昧なまま組織の中で、使われています。

では、マーケティングの明確な定義を行っておきましょう。

マーケティングとは「目」の問題です。

マーケティングを英語で書きますと、「market+ing」と書きます。

これは、市場の中とか、顧客の元からという意味なんです。

会社の中、会議室の中とか社長室の中ではありませんよ、ということです。

お客様がいるのはどこですか? 社外である市場ですよね。

すべての事業活動を顧客視点で捉えなおす。

マーケティングとは全ての企業活動を、社外である市場の中からスタートしなさいという意味なのです。

マーケティングとは顧客からスタートすることである。とドラッカーも言うのは同義です。

会社の中から決して見てはいけない。市場の中からすべて会社を見なさい。

これがマーケティングの本質です。

会社の中からは、お客様に提供している商品サービスの真実の姿は見えないんです。

私もこの動画で講義を提供させていただいていますけれども、今ビデオに向かってしゃべっていますが、ビデオであるお客様と企業側である私の視点は反対に向いていますよね。

私の講義は撮り終わった後じゃないと、お客様の視点からは見ることができないんです。

自分の商品・サービスが自己視点では見えないとしたら、これは恐ろしいことですよね。

企業は自分の提供している商品サービスは自社目線のままでは絶対見えない。ということです

ビジネスにおいては、自社目線は全く捨て去らなければいけないという事なのです。

自社目線を捨て去り、全てを顧客視点で改善していく。

「すべてをお客様の視点から見て、改善していくこと。」が重要です。

お客様・市場視点で、自社の価値を上げ続けていくことがマーケティング。

顧客を理解して、自社目線を一切排し、すべてお客様視点にチェンジするということを、全社員がやる必要があります

そのため、マーケティングを実践する際には、社長は社内にこもっていては絶対にいけません。

必ず外部、お客様の元、お客様の市場に出なければいけません。

外部にいるお客様から見て。わが社はどうなのか?

わが社の製品は、わが社の配送は、わが社の顧客対応はどうなのか? 

を検証し、改善していく事がマーケティングなんです。

全社員がマーケターである。

会社のどのような部門の人もマーケティングに関係ない人、市場に関係ない人、お客様に関係ない人は一人もいません。

社長には心していただきたいのですが、全社員をマーケター、すなわちお客様志向の社員にする必要があります。

全社員が顧客視点を持たなければなりません。

会社が内部思考になったときにお客様に対するサービスの低下が訪れ。経営の危機が訪れます。

どのようにしたら、全社員を顧客志向の社員にできるか?

これがマーケティングで非常に重要な事です。

全社員を顧客志向のマーケターにすることが重要になるのです。

全社意をマーケターにするためにはどうすればいいのか?

全社員をマーケターにするためにはまず、全社員にマーケティングとか理解してもらう必要があります

これはそんなに難しいことではありません。3時間くらいのセミナーでも可能です。

マーケティングを理解し、全社員で行っていくものであるという理解をしてもらうことが重要なのです。

お客様の教わった事ノートで、お客様を先生とする文化を創る。

シンプルで全社員がお客様思考、お客様視点になり、内部思考が一掃されていくツールがお客様に教わった事ノートです。

お客様がすべて教えてくれます。その商品のどこが悪いのか、どう改善したら売れるのか?

お客様は、事業の最大の先生であり、私のような経営コンサルタントよりも、事業の最大の最良のコンサルタントです。

お客様に素直に教わる姿勢をいかに全社員が持つかが大切になります。

ドラッカーは言います。「お客様のことはお客様に複雑すぎてお客様にしかわからない。お客様に聞きなさい」と

お客様にバカだと思われても直接聞く必要があるのです。

自社についてどこに満足しているのか、どこにご不満があるのか、競合と比べてどうなのか。

お客様を先生として、お客様に聞き、地道な改善を続けていく事こそが、経営改革のスタートなのです。

ドラッカー理論を学びながら、全社員を顧客志向のマーケターにして、経営改革を実践できるセミナーを開催しています。

お気軽にお問合せ下さい。

ドラッカー理論で経営・マネジメント・マーケティング・イノベーション・リーダーシップ・生産性向上が学び、実践できるセミナーの開催情報は

ドラッカーの伝道師と呼ばれる村瀬弘介の情熱のセミナーです。
まずはセミナーのプレ動画をご覧ください。

バナーをクリックすると各講座の詳細ページに移動します。

【感動から分かるドラッカー人を活かす経営7つの原則講座】

GE・グーグル・アップル・P&Gといった世界的企業やセブンイレブン・ソニー・パナソニック等の国内首位企業が取り入れ成果を上げたドラッカー経営の本質を「感動」の視点から分かり易く解説します。

感動から学べば、ドラッカーはちっとも難しくない。音楽家としても活動する著者独自の視点で語る「感動からのドラッカー」。組織で働く人が生き生きして、高い成果が上がるマネジメントの本質が掴め、実践できる講座です。

【1日で分かる!ドラッカー・感動マネジメント講座】

ドラッカーのマネジメントが1日で、感動から理解できる日本一情熱的なセミナー。
マーケティング・イノベーション・リーダーシップ・マネジメントという経営の原理原則と実践法を1日で学ぶことができます。

【ドラッカーの経営戦略・完全マスタリーコース】

ドラッカーの経営戦略5大書籍をマスターし、実践する連続セミナー。
書籍(マネジメント・イノベーションと企業家精神・経営者に贈る5つの質問・創造する経営者・経営者の条件)の徹底理解と組織での実践法がわかります。

【ドラッカー理論による 経営計画策定セミナー】

【対象者:経営者・経営幹部・上級管理職】
最高業績を出せるドラッカー理論に基づき、社長のビジョンの明確化、自社の戦略の策定、経営計画への落とし込みができる2日間の集中セミナー。
弊社代表コンサルタント・村瀬弘介と社長様が一日をかけ、共に戦略を考えることで、ビジョンを具体化して「明日から使える経営計画書」を作成します。

【ドラッカー理論による新入社員セミナー】

【対象者:新入社員】
通常の新人研修では得られないビジネスの本質と挑戦するリーダーシップを得て即戦力の新人を手に入れる/本質のドラッカー理論による新入社員1日セミナー。ビジネスの本質と成果を上げる方法をマスターできる講座です。

【ドラッカー研修・ドラッカーコンサルティング】

ドラッカーの原理原則を組織に導入し、強力な組織の共通思考モデルを創りあげる日本で唯一のドラッカー研修です。
社長の判断軸、経営トップマネジメントチームの育成、マネージャーのリーダーシップ向上など社長へのコンサルティングと研修を組み合わせ、卓越した業界首位企業を実現します。

【ドラッカーセミナー・研修の豊富なプログラムについてはお問合せ下さい】

日本リーダーシップ・オブ・マネジメント㈱には、ドラッカー理論による経営幹部研修・役員研修・管理職研修・マネジメント研修・マーケティング研修・イノベーション研修・リーダーシップ研修・生産性向上研修・経営戦略策定・経営コーチング・後継者育成等、ドラッカーを活かせる豊富な研修プログラム・セミナーがあります。

フォーム・お電話からお気軽にお問合せ下さい。(ドラッカー導入のご相談は無料です。)

【ドラッカーで最高業績を生む経営情報が週に一回届くドラッカーメールマガジン】

【ドラッカーメールマガジン:登録は下記リンクより】
メールアドレスを入れるだけで手続きは簡単です。